これで料理の幅が広がる!便利な圧力鍋の選び方

材質にこだわろう!

アルミは安くて時短出来る

圧力鍋と見ているとステンレス・アルミとあり、金額にも直結しています。一般的にアルミは低価格なタイプが多い様です。
まずアルミという材質は熱が伝わりやすく、軽量です。その為、食材にもすぐに熱が通るのでステンレスに比べて調理時間が短縮されるケースが多い様です。また軽量なので力の無い方にもぴったりです。
但しアルミは柔らかい金属になるので、高圧力での調理が出来ません。よって硬い材質や煮込み時間の長い調理には向いていません。他にも焦げ付きやすい、熱が逃げるのも早いので余熱を使った料理が不向きといったデメリットがあります。
価格は2000~3000円と手頃ですので、圧力鍋がどの様な製品であるかお試しで使いたいという方には良いでしょう。

ステンレスはよりおいしく作れる

アルミ圧力鍋とは反対の金属であるステンレスは硬く、重量があります。その為、圧力値を高く設定出来て硬い食材の調理に向いています。余熱調理が得意なので、保温だけではなく煮込み料理にもぴったりです。
しかし火をつけてから圧力がかかるまである程度の時間がかかるので、アルミの様にとにかく時間短縮がしたいというケースには向いていません。重量があるので、人によって疲れてしまう事もあります。
費用に関しては5000円程度の製品が多く、大きめの圧力鍋がほとんどですので1~2人暮らしの場合は少し大きいと感じるかもしれません。
しかし保温機能にも優れているので多めに作れば手間も省けるので、メリットになります。材質によって得意な調理が違うので気をつけて下さい。


この記事をシェアする